痛風を改善には食事に気をつけよう|早めに治して快適な生活を送ろう

指をさす女性

尿酸値が高い人は要注意

食卓

プリン体の制限が必要

血液中の尿酸値が高い状態を放置しておくと、やがて尿酸が結晶化して、関節に溜まっていきます。そして突然、足の親指などに強烈な痛みを引き起こします。これが典型的な痛風の症状です。健康診断で尿酸値が高いと言われたら、痛風予防のため食事に気を配らなければなりません。痛風を改善するには栄養の偏りを避けること、暴飲暴食をしないこと、規則正しい食事をすることが大切です。またアルコールは尿酸の排泄を妨げるため、できるだけ控える必要があります。逆に水は多めに摂取するよう心がけます。食事の中ではレバー・魚卵・エビ・煮干しなど、プリン体を多く含む食品が禁忌となります。プリン体の摂取量の上限は、1日に400mgが目安とされています。

尿酸の排泄を助けるサプリ

肥満の人は痛風にかかりやすいと言われています。適度な有酸素運動は痛風の予防に繋がります。また食事だけで栄養をコントロールするのが難しいときは、サプリメントを利用するのも一つの方法です。痛風に効果があるサプリメントとして、動物の筋肉に含まれるアンセリンが挙げられます。アンセリンは尿酸値を下げる作用のほか、疲労回復・抗炎症・血圧降下作用もあると言われており、注目を集めている成分です。また尿酸やプリン体の排泄を助ける栄養素には、クエン酸・カリウム・葉酸などがあります。サプリメントは治療薬ほど即効性はなく、3か月ぐらいは飲みつづける必要があります。しかし一旦体質を改善できれば、薬に頼らなくても済むというメリットがあります。

プリン体に気をつけよう

食器

痛風になる原因は食事にあります。食の欧米化が進むにつれて患者数が増えたというように、和食が痛風の改善に向いています。和食は痛風以外にも健康に良いものとして世界で注目されているので、日本に住んでいるなら身近にあるものなので取り入れると良いと思います。

More Detail

尿酸値をサプリで下げる

フット

プリン体の少ないアルコール飲料が人気ですが、尿酸値を下げて痛風の症状を改善するためには、そうした工夫に加えて尿酸値を下げる成分をきちんと摂ることが大切です。カツオやマグロなどに含まれるアンセリンには尿酸値を下げる効果があることがわかっているので、痛風の改善効果が期待できます。

More Detail

お酒はほどほどにしよう

ドラッグ

ビールを大量に飲む人は痛風になりやすいと言われています。痛風の発作が起きると足が痛んで歩けなくなったりします。体にいいものではありませんので通風改善のために治療をしたり食生活を変えてみたり健康食品を使用するのもいいでしょう。

More Detail